男のピアスはどこに付けるのがおすすめで女子ウケする?

軟骨ピアスならヘリックスを開けるのがおすすめ?

軟骨ピアスならヘリックスを開けるのがおすすめ?

耳のラインを形作る軟骨の部位はヘリックスと呼び、軟骨ピアスの中では比較的開けやすいのが特徴です。そのため、初めて軟骨ピアスにチャレンジする場合にもおすすめです。

内側に折れ曲がりカーブを描く場所が軟骨なので、好きな部位を選ぶことができます。ファーストピアスはストレートバーベルがポピュラーで、ホールが完成するまでは個人によって差はあるものの、3ヶ月から半年程度です。

ケア方法は耳たぶに開けるピアスと同じですが、ヘリックスはひっかかりが多く腫れることが多いので注意しましょう。もしも腫れてしまった時のことを想定し、ファーストピアスは少しゆとりのあるサイズを選ぶと安心です。

自分でピアスホールを開けることもできますが、心配なら病院やピアススタジオで行いましょう。

口ピアスならラブレットを開けるのがおすすめ?

口ピアスならラブレットを開けるのがおすすめ?

口ピアスには様々な種類があり、比較的ポピュラーな位置にあたるのがラブレットです。下唇の下側中央に装着するタイプで、初めて口ピアスに挑戦する場合にもおすすめの部位です。

唇や口周辺へのピアッシングは、耳など他の部位に比べ腫れやすいため、正しいファーストピアスを選ぶことが大切となってきます。腫れてしまった場合を考え、自分の唇の厚さより少し余裕のある長さを選択しましょう。

おすすめの形状はラブレットスタッドで、シャフトの片側がネジ式のボールに、反対側が平面になっています。口周りの狭い部位に着用しても、引っ掛かることがありません。

また、食べ物や飲み物の影響を受けやすい位置につけるピアスなので、身体へ負担をかけること少ない安全な素材をt飼っている種類を着用することが重要です。

ボディピアスならネイブルを開けるのがおすすめ?

ボディピアスならネイブルを開けるのがおすすめ?

ボディピアスならネイブルを開けるのがおすすめです。勿論自分が一番気に入ったものをすればいいわけですが、納得出来る物を決められない事ももよくあります。

ネイブルはアクセント的な感じで見られても好印象をもたれやすく、生活をしていても、それほど気になることもないでしょう。

あまりど派手なものにすると服を着たり脱いだりする時に邪魔になることもあります。違和感なく付けていられるので、これがポイントです。

お洒落感を出すにもいい感じですし、自分のオリジナリティーもしっかりとこれで出せるので、自分の表現方法としても納得できるはずです。

ボディピアスは普段は見えない事が多いわけですが、それがときどき見える時にさりげなく見せるのがポイントです。