ピアスってどのように付ければいいの?ピアスの付け方特集

ファッションピアスの正しいつけ方とは?

ファッションピアスの正しいつけ方とは?

今や身体中に着けている人もいるほどのファッションピアスですが、最初のつけ方が判らないという方もいます。

ピアスは一般的なもので本体とキャッチと呼ばれる受け皿のような物があります。まずは鏡を見ながらピアスホールに垂直に本体の先端を通しましょう。

そして耳の裏からピアスが落ちないようにキャッチで止めるのですが、ピアスの先端から数ミリのところに溝があって、そこでキャッチが止まるように出来ています。

カチっと音がするまでキャッチを嵌め込めばそれで完了です。垂れ下がるタイプのファッションピアスであれば、穴に突き刺してひっかける感じで垂らすのでキャッチはありません。

色々なタイプの物がありますので不安であれば購入時に質問してみましょう。

ボディピアスの正しいつけ方とは?

ボディピアスの正しいつけ方とは?

アクセサリーとして耳につけるだけではなく、体に付けるボディピアスも広く人気があります。しかし、耳たぶにつけるピアスと異なり、耳の軟骨の部分に付けるピアスやボディピアスは形状も異なりますので、つけ方にコツが必要になります。

慣れれば時間をかけずに装着することが出来ます。ボディピアスは耳に装着するピアスとは違い、キャッチと呼ばれるパーツがないタイプの商品が多く、ボールやセグメントリングで固定します。

また、ボディピアスは耳たぶに装着するピアスよりも、穴が固定するまでにかかる期間が長くなります。

その間は丁寧にケアをしてあげなければ細菌などが繁殖し、炎症を起こす可能性が高まりますので気をつけましょう。面倒でもピアスの消毒はこまめに行ってあげる必要があります。

BCRのピアスを正しくつける方法とは?

BCRのピアスを正しくつける方法とは?

BCRのピアスを正しくつける方法は一般的に、病院でつける方法と自分専用器具を利用してつける方法の2種類が存在しています。

病院の場合は皮膚科や美容外科、耳鼻科などでできますが、1番のメリットは安全かつ清潔に開けられるというところなので、自分でやるのが不安な人は多少お金がかかりますが、病院での施術がおすすめです。

自分ではつけたい場合は、ピアス穴を開ける際に用いられるピアッサーという穿孔器具を使用するか、中が中空になった注射針のような形のニードルという器具を使うかに分かれます。

ピアッサーは主流の開け方として既に認知されてる方法で、ニードルと比較しても比較的簡単に使用することができるので、誰でもできる方法としておすすめのやり方となってます。